ラクトフェリンとは?

ライオン【ラクトフェリン】

ラクトフェリンとは、多くのほ乳類の乳に含まれているたんぱく質の一種です。

ラクトフェリンは特に出産後の数日間に分泌される初乳に多く含まれていることから、生まれたばかりの赤ちゃんの健康維持に必要な成分として考えられてきました。

ラクトフェリンは母乳以外にも、唾液や涙、鼻汁などの外分泌液や、粘膜液などに存在しており、雑菌や細菌、ウイルスなどから体を守る免疫素材のひとつとされています。

ラクトフェリンの研究は現在も国内外で活発に行われており、さらなる健康増進への効果が期待されています。

ラクトフェリンの性質

ラクトフェリンという名は、『lacto(乳)』と『ferrin(鉄)』という2つの単語に由来しています。

ラクトフェリンは、その名があらわす通り、体内で鉄分と結合するはたらきを持っており、この作用が微生物の成育を阻害することが明らかとなっています。

そのため、最近ではラクトフェリンによる抗がん作用への期待が寄せられていますが、ラクトフェリンは熱に弱く、加工するとほとんどが破壊されてしまうため、日常生活ではなかなか摂取しにくいところが難点となっています。

ラクトフェリンの摂取方法

ラクトフェリンは母乳や唾液などの分泌物のほかに、食品にも含まれています。

主な食品としては乳製品全般となり、牛乳やチーズなどに含有されています。

しかし、前述の通り、ラクトフェリンは熱に弱いため、高温殺菌された牛乳などにはほとんど含まれていません。

そのため、食品からラクトフェリンを摂取するには、低温殺菌牛乳や、低温で処理されたナチュラルチーズ、ラクトフェリン入りのヨーグルトなどを食べる必要があります。

ただ、これらに含まれるラクトフェリンはごくわずかであるため、効率的に摂取したい場合は、ライオンDHCから発売されているラクトフェリンサプリを活用することをおすすめします。

ライオン【ラクトフェリン】 ⇒ライオン【ラクトフェリン】の公式サイト