口臭・歯周病の原因

歯周病とは、歯周組織が歯周病菌によって感染することにより、炎症を起こす疾患のことです。

歯周病菌は歯垢(プラーク)に含まれており、歯垢が増えすぎると細菌の塊となって歯周病を発生させる仕組みになっています。

歯周病は段階的に進行していきますが、ひどくなってくると歯周組織が破壊され、最悪の場合、歯が抜け落ちてしまうおそれがあります。

また、悪化の段階で歯周組織が化膿するとを持つようになり、口臭も発生するようになります。

ラクトフェリンで口臭・歯周病予防

歯周病を予防するためには、歯周病菌のもととなる歯垢がたまらないよう、口腔内を常に清潔に保つ必要があります。

そこで注目されているのがラクトフェリンです。ラクトフェリンには雑菌やウイルスの繁殖に必要な鉄分を吸収するはたらきがあり、細菌の増殖を食い止めることができます。

ラクトフェリンは唾液中にも含まれており、唾液の殺菌・抗菌作用はラクトフェリンによるものだと考えられています。

腸内環境も改善

口臭は歯周病のほかにも、腸内環境の悪化によって起こる場合があります。

健康な腸内環境では、通常、善玉菌と悪玉菌が絶妙なバランスを保って存在しています。

しかし、腸内環境が乱れると、悪玉菌が優勢となり、腸内に老廃物が蓄積し、腐敗臭をともなうガスを発するようになります。

ガスは腸管から吸収されて血液に混じり、全身を巡って肺に到達した後、呼気となって口から発散されます。これが口臭の原因です。

ラクトフェリンには、善玉菌を増やし、悪玉菌の増殖を抑える作用があり、乱れた腸内環境を正して口臭の原因をもとから遮断してくれます。