花粉症の仕組み

春先になると症状があらわれる花粉症。花粉症はアレルギー症状の一種であり、一度かかると完全治癒は困難であると言われています。

花粉が大量に飛散する時期になると、目や鼻の粘膜に花粉が付着します。

付着した花粉からはアレルゲンとなる物質が溶け出し、体内に侵入。このとき、体がアレルゲンを異物として認識し、異物情報が体内に存在するT細胞からB細胞に伝達されます。

すると、B細胞が異物に対抗するための抗体を生成。この抗体がアレルゲンと結合すると、くしゃみや鼻水を誘発するヒスタミンや、鼻づまりの原因となるロイコトリエンなどが発生する仕組みになっています。

ラクトフェリンで花粉症対策

ラクトフェリンには、アレルゲンの侵入をB細胞に伝えるT細胞にはたらきかけ、その作用を食い止める効能があります。

T細胞の作用をブロックすると、異物情報がB細胞に伝わらず、その結果、花粉アレルゲンに対する抗体が作られにくくなります。

すると、抗体とアレルゲンの結合によるヒスタミンやロイコトリエンの生成が抑えられ、花粉症の諸症状を緩和させることができるのです。

花粉症の症状の根本を断つことができるため、市販の鼻炎薬などを使用するよりも効率的に症状を予防することができます。

副作用がないので安心

花粉症は現在のところ、完璧な治療法はなく、その症状を緩和することが最善の治療法となっています。

最も一般的な改善法としては、市販薬や医療機関による処方薬の使用で、そのほとんどは花粉症の症状を抑える抗ヒスタミン剤です。

しかし、抗ヒスタミン剤は服用すると眠気やだるさ、口の渇き、胃腸不良などの副作用を起こすおそれがあり、運転する方や仕事勤めをしている方にとっては利便性の悪い薬となっています。

その点、ラクトフェリンは薬のような副作用がなく、さらに健康増進への作用が期待できることから、一石二鳥の効能を得ることができます。