加齢で起こる眼疾患

私たちの生活において、なくてはならない視力。が不自由になると、日常生活のささいなことが困難になるほか、最悪の場合、人の介護なしには生きていけなくなってしまいます。

視力に影響を及ぼす眼疾患には、加齢黄斑変性や緑内障、白内障、ドライアイ、老視などさまざまなものがありますが、これらの眼疾患のほとんどは加齢が原因といわれています。

加齢を完全に食い止めることは不可能ですが、眼の老化の進行を遅らせることで、これらの眼疾患を予防することは可能です。

これまで、眼の老化にはビタミンAやC、Eなどが有効と言われてきましたが、近年、新たにラクトフェリンの眼疾患への効能が期待されています。

ラクトフェリンで眼疾患予防

眼疾患の原因となる眼の老化には、活性酸素が関係しています。

活性酸素は別の分子と結合することで酸化反応を起こす物質で、活性酸素が大量に増えると、体のあちこちがどんどんさび付いてきてしまいます。

ラクトフェリンには、酸化反応に必要な体の鉄分を吸収するはたらきがあり、眼の酸化(老化)を予防することができます。

酸化反応を抑制する成分は一般的に抗酸化成分と呼ばれていますが、他の抗酸化成分は酸化反応が起こってから対処するのに対し、ラクトフェリンは酸化反応そのものを抑えられるところが特徴となっています。

涙腺の若返りも

ほとんどの眼疾患は老化が原因と述べましたが、一部の眼疾患は若年層にも発症します。

その最たる例がドライアイです。ドライアイは別名『角膜乾燥症』と呼ばれる眼疾患のひとつであり、その名の通り、眼の表面が乾くことによって不快感や視機能異常を起こす病気です。

私たち人間の眼は、常に一定の涙でうるおった状態にありますが、眼の酷使やコンタクトレンズ、紫外線などのさまざまな要因によって涙の分泌量が低下すると、眼が乾いて表面が傷つきやすくなるのです。

そのため、ドライアイを改善するには、眼の酷使を控えるのはもちろん、涙の分泌量を増やし、常に眼をうるおった状態に保つ必要があります。

ラクトフェリンには、弱った涙腺を若返らせる作用があり、涙の量と質を高め、ドライアイの症状を改善してくれる効果があります。